なしごれん@maku puppet

フォトアルバム

Twitter_2

ACCESS

Powered by Six Apart
Member since 06/2005

2018年5月19日 (土)

苦しさの上塗り

病室からは父の尋常じゃない叫び声が聞こえてきた

「ウヮー!、ガァー!」

医者の行う気管内挿管で父が苦しがっている声だ

20180519c1a

麻酔をしてから行うと言ったじゃないか

僕の聞き間違いだったのか

治療の判断で父を苦しめていることに心が痛い

叫び声を聞いて僕も苦しい

20180519c2a

転院したての午前中、父は医師へ「延命治療はしない」と しきりに言っていたらしい

それは前回の入院で気管内挿管の苦しさを知っていたからだ

20180519c3a

僕達家族は話し合った上で、「頑張って(退院して)戻ってきて欲しい」と父へ懇願した

父も僕達の話を聞くと「負けてたまるか、何でもやる」と言っていた

しかし父の苦しむ叫び声を聞くと、その判断は正解だったのか

ただでさえ病気で「苦しい、苦しい」と訴えていたのに、更に治療で苦しめてしまった

ここは医者のアドバイス通り、静かに死を選択した方が良かったのでは無いか

20180519c4a

処置が終わり、父の病室へ戻る

口には酸素補給の大きな管が入つている

管が喉を通っていることにより苦しいので、鎮静剤で眠らされている

更には無意識に管を取ってしまわないよう、両手はベッドに縛り付けられていた

これで身動きは取れない

20180519c5a

前回の入院ではこの方法で帰って来てくれた

実を言えば、事前の医師の説明によれば

「今回の原因は前回と違うので、挿管しても治るか非常に厳しい」

「患者本人に苦しい思いをさせず、静かに治療した方が良いのでは無いか」

(何もせず死を待つのみ の意)

そう言われていた

それでも僕達は

「父に帰って来て欲しい」願っていた

でもその思いは父の苦しみを無視した、家族の勝手な要望なのか

20180519c6a

父は気管内挿管を行う直前、少し意識がもうろうとする中で家族一人、一人に

「ありがとう、ありがとう、世話になった」と言っていた

僕には「最低の父親だった。すまない」と謝っていた

涙が出た

(そんなこと、無いよ)僕は言葉に出来なかった

20180519c7a

病気の痛みで意識が遠退く中、父は

「迎えのバスが来た。じゃぁ、乗るからね」

そう、呟いた

「乗ったらダメ!戻ってこれなくなる」

20180519c8a

今、父は気管内挿管を受けて強制的に眠らされ、治療を受けている

父の横になった痛々しい姿を見ていると果たして、この苦しめた治療は正解だったのか

医師の言うとおり、静かに眠らせた方が良かったのか

いまだ分からない

2018年5月18日 (金)

容態急変

20180518c1a

父の入院先から連絡があり、高速道路を飛ばしてやって来た

昼間の様子とは違い、父はかなり苦しそうだった

20180518c2a

2018年5月17日 (木)

子のエゴ

20180517c1a

父が体調を崩してまた入院した

もう入院するのは何度目だろうか

今回も油断が出来ない

20180517c2a

容態が急変し、万が一となった場合の延命治療に着いて母親へ尋ねた

僕は当然、延命治療に着いて迷いなく行うものと思っていた

しかし返事は違った

「もう何度も入退院を繰り返し、苦しそうにしている様子を見てきた

 何かあったなら、それは仕方ない

 延命治療はしない方が良いかもしれない」

僕は驚いた

20180517c3a

仮に会話が出来ず、ずっと寝たきりで話しかけても無反応な状態ならまだしも、

父は介護を必要とせず、バイクを乗り回し、散歩をし、世間話も出来る

そんな普通の生活が出来ていたのに周囲の判断で命を絶つ事が正解なのだろうか

20180517c4a

でも元気な頃の父も

「また倒れるような事があったら延命治療はしなくて良い」と言っていた

20180517c5a

今まで当然いた親が、突然いなくなる寂しさ

何があっても受け止めてくれていた親がいなくなる不安

頼っているつもりは無くても心の何処かでやはり頼りにしている安心感

それを無くすことの怖さ

もしかしたら、

親に少しでも長生きしてほしいと思うのは、子(私)のエゴなのかもしれない

20180517c6a

容態の悪化次第では病院から延命治療を受けるのか、受けないのか

即座に判断を迫られるだろう

判断を誤れば、それは後々まで後悔が残る

今、仮に考えてみるが判断が付かない

でも僕は可能ならば、一日でも長く生きてもらいたい

2018年5月14日 (月)

真実

20180514c1a

誰が言ったか知らないが、

脂身の付いた肉の方がうまいとは本当だった

20180514c2a

某老舗とんかつ屋

とんかつの真ん中部分よりも はじの方が甘い脂身がじゅわーっと出てうまかった

歩行者天国

20180503c1a

先日の黄金週間でのお話

中央駅前の大きな道路は某イベントで歩行者天国になっていた

異国の名前の付いた地元放送局主催のイベントだ

20180503c2a

僕は移動中、ここに昼飯で寄ってみようと思った

気軽な気持ちだったが、まずは周辺のコインパーキングに空きが無い

離れていたが、仕方なく某国営放送のドラマPR館の駐車場に停めた

20180503c3a

ようやく停めて会場に入ると、今度は人の多さ

たくさんの飲食店が出ていたが、何処の店にも長い行列が出来ていた

20180503c4a

長い行列に並んでまで食べるつもりは無い

ここでの食事は諦めた

ところで、会場の人たちは片手にグラスワインを持ち、飲みながら歩いている

会場では一杯300円のグラスワインがあちこちで売っていた

20180503c5a

快晴の下で飲むワインは、うまそうに見えた

しかし、あいにくこの日は僕ひとりで車で移動している途中だった

お酒を飲んでしまったら運転手がいない

20180503c6a

でも日差しが強いこの日、僕は「ワインよりもビールが似合う」

と思った

2018年5月13日 (日)

M・D

20180513c2a

母は毎日地元のスーパーへ歩いて買い物に行く

その際に引いて使う買い物カートは傷んできているようだ

傷んだカートでは出歩くのに負担もあるだろう

20180513c1a_2

母の日のプレゼントとして、嫁と二人で良さげな買い物カートを探す

実物を触って軽さ、車輪の大きさ、引っ張り易さ等を試す

ようやく某大型ショッピングセンターで見つけた

渡してみたら母はとても喜んでくれた

2018年4月29日 (日)

天文館の香り

20180429c1a

数日前、天文館に隣接した夕暮れ時の某公園を通る

するとそこでは久しぶりに嗅ぐ匂いがした

それは紛れも無く、飲食店の換気扇から流れてくる匂い

20180429c2a

住所も職場も田舎へ移って以来、天文館は遠くなっている

黄金週間を利用し泊まりがけで嫁と食事に出掛けることにした

20180429c3a

まずは食事をする前のゼロ次会

立ち飲みビールの店で冷えたビールをぐぃっと飲み干す

20180429c4a

一次会

魚料理の店では相変わらず食事がうまい

20180429c5a

二次会

夜に会う師匠はビールで酔っていた

酔ったまま指導を受けたが僕も酔っていたのでよく覚えていない

20180429c6a

三次会

カウンターで飲むウイスキーのロックはうまかった

久しぶりに会うバーテンさんは僕がいつも飲む銘柄を覚えてくれていた

日本の銘柄だが、大国の買い付けにより今は手に入りにくいらしい

20180429c7a

さっきまで賑やかだったアーケードも今は灯りが消え、ひっそりとしている

時間は深夜2時

泊まりでなければ終電はとっくに出て、帰る術は無い

時間を気にせず、ゆっくり過ごす事が出来た

20180429c8a

これだけ時間とカネを気にすることなく思い通りに過ごす事が出来る

と言う事は、僕は恵まれていると言う事だろう

ついでにホテルへ戻る前に〆のラーメン

2018年4月27日 (金)

誰もいない席

黄金週間へ突入する直前

僕は有給を取って某総合病院へ向かっていた

20180427c1a

連休に入っていない平日のせいか車はまだ少ない

天気も良くて気分もいい

20180427c2a

診察が終わって某カヘでお茶をした

2階に上がると、なんと客が一人もいない

静かで快適

20180427c3a

2階席の一番はしっこ、僕のお気に入りの席ももちろん空いている

新しいネタの練習スタート

ネタの進め方はオレンジ色の手帳にメモしてきた

20180427c4a

数ヶ月前に眼の不調に気付き、総合病院へ通い始める

今日の検査の結果、経過良好

とりあえず治療終了となった

今後は再発していないか数カ月おきに検診に訪れる

2018年4月16日 (月)

まさかの恐怖

20180416c1a_2

砂浜で走る馬を見た帰り、いつも行く地元の安い温泉に入った

風呂場で鏡を見て気が付く

20180416c2a

いつの間にか、額にソリが入ってきてるかもしれない

がびーん

もうそんな年齢なのか

20180416c3a

まさかね、まだ大丈夫よね

気のせいよね

恐ろしい

2018年4月14日 (土)

時が早く流れてゆく瞬間

20180414c1a

雨の休日

ネタの練習に行ったけれど、某カヘの席に着いて気が付く

マットは持ってきたのに肝心のカードを忘れてきた

これでは練習が出来ん

20180414c2a

気を取り直し、別の某カヘに向かう

今日は雨とあって ここの店舗でも客が少なめ

店にとっては致命的だろうが僕にとっては喜ばしい

周囲の雑音も少なく、練習が進む

20180414c3a

今回は初めて練習する新しいネタ

練習を重ね、早くマスターしたい

夢中で練習し、あっと言う間に時間は2時間オーバー

帰る頃は雨も止んで、道行く人は傘も持たずハンズフリーで歩いていた