なしごれん@maku puppet

フォトアルバム

Twitter_2

ACCESS

Powered by Six Apart
Member since 06/2005

2017年10月10日 (火)

水槽の水草に花が咲きました

20171010c1a

現在入院中の父ですが、お陰さまで回復に向かっているようです

2017年10月 7日 (土)

群がるカメムシ

20171007c1a

嫁が結婚式に出席するというので、山の上の某高級ホテルまで送って行きました

20171007c3a

式が終わるまでの間、ホテル周辺で僕は時間つぶし

庭の木には大量発生した光るカメムシが、びっしり

20171007c2a_2

かもしれない

2017年10月 3日 (火)

父の夢を見た

20171002c3a

父の夢を見た

心配になって真夜中の病院へ潜り込み、僕は夢の中で父の様子を見に行った

暗い部屋でベッドの薄暗い電灯がひとつ、父を照らしていた

生命維持の管が喉を貫通し、体は細かく震えている

それを見て 「あぁ、まだ生きている」

安心した

20171002c1a

手を握ると、父は目を覚ました

「だいけ?(誰ですか?)

 ××か? ((僕の名前)か?)

 手術は、何時からよ?(私の手術は何時からですか?)」

聞き取りにくい小声で話しかけてきた

「手術は、せんよ (手術はしないでいいんだよ)」

手を握ったまま僕は答えた

そして夢から覚めた

20171002c2a

昨日の朝、父は急に入院した

診察結果は肺炎

前日の夜に「風邪薬を飲む」と言っていた

しかし、まさか入院するまでになるとは思ってなかった

ほんの数年前にも肺炎で入院し、その時は命を落としかけている

今回も気が抜けない

気にかかって眠れない夜

2017年9月24日 (日)

レベル高くて、びっくり

20170924c1a

師匠の行うレクチャー会とは全然違う

レクチャーするネタのレベルが高すぎる

しかも参加者は大学でマジック同好会に入ってる現役バリバリの大学生ばかり

20170924c2a

出されたネタに周りの参加者は、すいすいマスターして僕だけ追い付けず、おいてけぼり

そんな技は出来ん

焦るあまり、途中でもう帰りたいと思った

20170924c3a

終わり間際、講師の方から

今後、これを学びたいとか要望は無いかと参加者全員に問われた

僕は要望を伝えた

技術を学ぶことも大切だが、客との進め方も教えて欲しい

20170924c4a

この技が出来るとか技術も大切だが僕が大切にしているのは客を驚かせることではない

客と会話しながら進行し、交えることを楽しみにしている

もっと言えば、客が楽しいから僕も楽しい的な感じ

20170924c5a

主催者は今後現場での客の接し方や会話なども教えてくれるらしい

なので、これに懲りず、また参加するつもり

普段馴染みの無い人たちに会えて本日は良い刺激になりました

2017年9月20日 (水)

服に色移りします

某ショップにて

オサレなバッグがあって、「良さげだな、欲しいな」と思い、手に取ってみる

値段も ちょっと良いお値段

20170920c1a_2


そして、バッグには注意書きが付いていて

「このバッグは生地の特性上、服と擦れると色移り・色落ちしますのでご使用の際は

ご注意ください」的な事が書いてあった

20170920c2a

ちなみに そのバッグはリュックサック

服と擦れないように使うって、どおやるの

2017年9月10日 (日)

サービスで出てくるホット珈琲

散髪へ行くと髪を切ってもらうついでに 茶色に染めるようにしている

行きつけの散髪屋の店主に毎回やってもらっている

俗に言う「ヘアダイ」だ

20170909c1a

染毛剤を塗った後にしっかりと茶髪へ染める為、髪を温める機械(ヒーター)が出てくる

それが僕の頭上で稼働している間、散髪屋の店主は僕に珈琲を出してくれる

ちなみに店主はその間、暇になって待合のソファに座って新聞を読み始める

20170909c2a

気を利かして珈琲を出してくれるのは良いが、年中ホット珈琲が出てくる

しかもそれは電気ポットで ぐらぐらと湧いたお湯

熱いお湯そのまま、ごぽごぽと注いで作るインスタント珈琲

ずっしりとした陶器製マグカップを手に持つと、お湯で熱くなり持ちにくい

20170909c3a

9月に入ったとは言え、まだまだ暑い

しかも僕は猫舌

しかし、せっかく出してくれたものを手を付けないわけにもいかない

珈琲の味はどうでも良い

時間が来てヒーターが自動で止まるまでに兎に角飲みきらないといかん

飲もうにも お湯が熱過ぎて飲めない

20170909c4a

頭上からはヒーターの熱

切った髪の毛が付かないよう体を覆った布、首に巻いたままのタオル

ホット珈琲で暖まった体の熱の逃げ場が無い

汗が流れてくる

20170909c5a

ヒーターが止まると「ピー、ピー」と終了の音が鳴る

音が鳴る前に「フー、フー」と息を吹きかけ僕は珈琲を冷ます

熱さに耐えつつ、ちびちび飲んでいく

やれやれ、今回も どうにか飲みきった

セーフ

シャツは汗で濡れていた

こうして毎回珈琲を飲む戦いをしている事を店主は知らない

2017年9月 6日 (水)

さすが、師匠

20170906c1a

嫁に覚えたてのネタを披露してみました

インパクトがあったらしく、驚いてくれました

20170906c2a

実は師匠のところへ行き、その新しいネタを学んで来たのです

それは師匠オリジナルのネタだったのです

師匠! うちの嫁にとても好評でしたよ

2017年9月 5日 (火)

今ならば思える

およそ10年前に書いた自分の文章を久しぶりに読んだ

その頃の僕は今とは比にならないほど苦しんでいた

20170905c1a

当時勤めていた先の社長から

「おまえは役員になれ。それにはまず自社の株を買え」

と言われていた

20170905c2a

しかしそれに対し僕は素直に返事をしなかった

役員になる、イコール、仕事量が増える

今よりも忙しくなり、苦しくなることが目に見えていた

株券を買う事についても

100万、200万円分を買ったところで僕にはお金を捨てるも同然に思えた

会社へ高額を寄付するイメージしか無かった

20170905c3a

丁度、その頃僕は仕事量が多く、消化しきれずに参っていた

やってもやっても終わらない仕事

出口は見えない

そこに社長からの役員の話

僕が精神的に強くダメージを受ける切っ掛けになったようだ

その後、数年間の深い闇に陥ることになる

20170905c4a

今になってようやく当時のことを冷静に考えられる

役員に抜擢される事は当時の若さで凄い事だと思うし、

社長も僕の頑張っている姿を見て、気に掛けてくれていたのだろう

その事は素直に感謝しなければならない

世話になった社長には「悪いことしたな」と今なら思える

20170905c5a

でも、当時の僕には全く余裕が無くて無理だった

仮に役員の道へ進んでいたら、今よりずいぶんと収入が多かっただろう

しかし無理した生きかたは、自分を壊す

昔の生きかたよりも のんびりペースで生きていくのが自分の為だろう

役員にならなかった事は後悔していない

2017年8月30日 (水)

魅力を感じなかった夏

20170830c1a

8月も もうすぐ終了

今年の夏には魅力を感じなかった

夏らしい表情をほとんど見せず、ただ異常に暑かっただけ

20170830c2a

こんなに相性の合わんかった夏も珍しい

わくわくしない夏など、いらん

あっち行け

20170830c3a

暑かったにも関わらず今年の夏も某カヘではホットを飲んでいた

暑いからと言って某カヘでアイス珈琲を飲むなんて邪道というものさ

2017年8月 9日 (水)

新入り

20170809c1a

水槽に新しい住民が入りました

20170809c2a

今回はパイロットフィッシュじゃなくて、純粋に観賞用の熱帯魚

20170809c3a

仕草に癒されます